感情残像の法則

感情残像の法則

覚えていなくても負の感情だけは残る

認知症,体験,忘れる

 

認知症の人は自分が体験したことはすぐに忘れてしまいますが、そのときに抱いた感情は後までしっかり残ります

 

 

これを「感情残像の法則」と呼びます。

 

 

しかも厄介なのは、嫌な思いをしたという負の感情だけがいつまでも残ることです。

 

 

たとえば、「不潔にして病気になるといけないから、お風呂に入りましょう」と、どんなに優しく行っても「うるさい!」と怒り出す人は多いものです。

 

 

まっとうなことを言っているのに、どうして起こり出すかわからず、家族は度惑いますが、これは認知症の人の心の中に「不潔だ」と言われたことだけが嫌な感情として残ってしまうからです。

 

 

そのため、言った相手をひどいことを言う人だと認識してしまい、介護がますます難しくなることがあります。

 

 

対応のポイント「説得より同情・共感が大切」

 

認知症の人は記憶などの知的機能の低下により、一般常識が通用する「理性が支配する世界」から「感情が支配する世界」に移り住んでしまったと考えれば、感情残像の法則が起こることも良く理解できます。

 

 

つまり、認知症の人を介護する時は「説得より同情・共感」が大切。

 

 

そして、認知症の人によい感情を残すような温かく接することも上手な介護のコツです。

 

 

それでもダメなときは距離をおく

認知症,体験,忘れる

 

自宅で介護されている方は、24時間365日休みなく介護をしなければなりません。認知症とはわかっていても、同じ言動や行動を繰り返されると、どうしてもイライラしてしまい、つい大きな声を出してしまうことも少なくありません。

 

 

ですので、「同情・共感」ができればベストですが、無理な場合は本人と「距離を置く」ことが大切です。

 

 

決して無理に同情や共感をしないこと。認知症介護は介護者が倒れたら終わりです。

 

 

認知症の方のケアも大切ですが、それと同時に介護者のケアもしていかなければなりません。しかし、ひとりで介護を抱え、介護者自身が精神的にも肉体的にも追い詰められる方が多すぎます。

 

 

認知症の方の介護をする上で大事なことは、「介護者の心の余裕」です。介護者に心の余裕がなければ、どんなケアもできません。

 

 

そんなときは一旦距離を置くことで、介護を含めた自分の生活プランを考えることができます。

 

 

短期入所生活介護(ショートステイ)がおすすめ

認知症,体験,忘れる

 

介護に疲れ介護から解放されたいときは、短期入所生活介護(ショートステイ)を利用することがおすすめです。

 

 

ショートステイとは、要介護者が施設に期間限定で短期間入所し、日常生活のお世話や機能訓練などを受けることのできる介護サービス。

 

 

ショートステイは認知症の方の介護以外にも「少し介護に疲れてしまった…」というときの「介護者のケア」も担ってくれるサービスです。

 

 

長く終わりの見えない介護…。

 

 

毎日、毎日、同じことの繰り返しに認知症とはわかっていても、怒りが爆発してしまいそうで、自分の気持ちがコントロールできなくなってしまいます。

 

 

介護に疲れて家族を嫌いになってしまう前に、ときには介護者も高齢者もそれぞれ距離を置くことが、長く無理なく介護を続けていくためには大切なのです。

 

 

介護保険が適用できる範囲で、このようなサービスをおおいに有効活用していきましょう!

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報