アルツハイマー病 ボケ予防

アルツハイマー病

アルツハイマー病は発症前に食い止められる!

アルツハイマー病,予防,ボケ,防止,認知症

 

「老化」って個人差が大きいと思いませんか?
見た目や中身も同じです。
脳の老化速度は特に個人差が大きいのが特徴。

 

 

認知症になる人とならない人、
その違いは一体どこにあるのでしょうか?

 

 

認知症の中でも60%を占めるのが、
アルツハイマー型の認知症です。

 

 

発症の主な原因物質とされているのが、
「アミロイドβ(ベータ)」という物質です。

 

 

この有害なアミロイドβが脳に蓄積して、
脳の神経細胞にダメージを与え脳を萎縮させることがわかっています。

 

 

このような変化が起こる場所としては、
海馬」が中心です。

 

 

海馬は新たなことを記憶するのに重要な場所です。

 

 

そのため、初期では記憶の障害、
なかでも「新しいことを覚えられない」という症状が現れます。

 

 

症状の出現・進行はゆっくりで、
始めのうちは「年のせいだろう」と見過ごされることが少なくありません。

 

 

しかし、神経細胞のダメージの蓄積が増えると、
もの忘れがどんどんひどくなり最後は日常生活が送れなくなります。

 

 

そこで初めて「認知症」と診断されるのです。

 

 

ですが、そこまで症状が進んでしまってからでは遅いのです。

 

 

治療によってある程度は症状の改善は見込めますが、
完全に元の状態に戻すことはほぼ不可能です。

 

 

認知症予備軍を見つけ出すことで発症させない!

 

アルツハイマー病,予防,ボケ,防止,認知症

 

認知症を減らすために一番重要なのは、認知症になる前段階の、
軽度認知障害(MCI)の人を、少しでも早く見つけ出して、
そこから発症しないための生活改善や早期治療を徹底していくことです。

 

 

MCIの人は健常者とほとんど変わりません。
だから自分もその家族もなかなか認識できないのです。

 

 

普通に生活しているけれど、
気づかぬうちに脳の血流の低下や、
記憶力の低下が少しずつ起きています。

 

 

注意してほしいのは、
年相応のもの忘れよりも少し悪い状態か、
継続している状態」の人です。

 

 

MCIを放置しておくと、その後の数年間で、
50%〜70%の人がアルツハイマー病などの認知症を発症します。

 

 

認知症になるのも、ならないのも、自分次第です。

 

 

健康に関することは、
人のせいにはできませんからね。

 

 

認知症を防ぐためには、
やはり早期診断、早期治療が大事。

 

 

それはみんなわかっていることですが、
現状はどうでしょうか?

 

 

記憶力が少し低下しているくらいだと、
ほとんどの人が「ボケたな〜」くらいで、普通の生活をしてしまいます。

 

 

しかし、数年後に病状が悪化して、
生活が困難になるような認知症を発症するケースが非常に多いです。

 

 

認知症予防のキーワードは「気づくのは今!始めるのは今から!
早ければ早いほど有効です。

 

 

認知症予防におすすめ「ジオフェルンZ」

アルツハイマー病,予防,ボケ,防止,認知症

 

ジオフェルンZは海馬の活性化に効果が期待できる成分「ジオスゲニン」が含まれています。

 

 

ジオフェルンZの主成分は山芋。

 

 

山芋に含まれる成分「ジオスゲニン」が、
アルツハイマー型認知症の進行を予防する効果があるとNHKで取り上げられています。

 

アルツハイマー病,予防,ボケ,防止,認知症

 

 

ジオスゲニンは電球(神経細胞)を切らす原因となる「アミロイドβ(ベータ)」と言う、
たんぱく質を減少させ、神経細胞を正常な状態に修復する効果が期待できます。

 

 

つまり、海馬を活性化し新しい記憶をファイルできるようになるのです

 

 

さらに、ジオフェルンZにはイチョウ葉エキス、亜鉛、
ビタミンD、ブドウの果皮に含まれるレスベラロールなど、
認知症に効果的な成分もバランスよく配合されています。

 

 

ジオフェルンZの主成分は山芋なので、
副作用の心配も少なく安心して服用することができます。

 

 

価格:単品 6,480円(税込)
   定期コース 5,355円(税込)

 

 

(ジオフェルンZ公式サイトはコチラ)

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報