認知症が疑わしい時の受診の方法

認知症が疑わしい時の受診の方法

なぜ受診を拒むのか?

私たちは体調がおかしいと感じたときには、まず、病院に行って医者に診てもらうことを考えます。それなのに何故、認知症の高齢者はそれを極端に嫌うのでしょうか?それは、ほとんどの人が「自分はおかしくないから」と、思っているからです。

 

 

もっともな答えだと思います。本人にしてみれば自覚がないわけですから・・・しかし、その一方で、一生懸命に自分を守っているようにも思えるのです。本当は自分でも「もしかしてボケたのかな?」と感じていても「私はぼけていない」「家族の世話になりたくない」「入院なんかしたくない」「施設なんかに入りたくない」と言う心の叫びがあるようにも思えます。

 

 

認知症は、エピソード記憶の障害がその代表的な症状です。なので、新しく体験したことを全て忘れてしまいます。それ故、もの忘れで失敗したことや家族に迷惑をかけたことも覚えていません。

 

 

ですから、家族や周囲の人が「どうして覚えていないの」「今言ったばっかりじゃないの」と怒っても、呆れても、本人にしてみれば、「何故そんなに怖い顔をするのか」「なぜそんなに怒るのか」「なぜいつも文句ばっかり言うのか」、その理由が分からないのです。

 

 

やがて、周囲の人が皆敵となり、自分を攻撃しているように感じてしまいます。。だから「病院に行きましょう」と言っても、「自分はおかしくないから病院に行く必要がない」と拒否をするのです。

 

 

認知症の人の病院に行きたがらない理由をこのように考えると納得がいきます。そして、さらに家族が何とか受診させようとごまかして病院につれてきたとしても、本人は「だまされた」とますます家族を信用しなくなり、ご自分を守るために、家族を攻撃し、医師や看護師も”ぐる”と思い、ますます病院が嫌いになる、また病院が恐ろしいところと思うようになってしまうのです。

 

 

どうすれば受診してもらえるか?

ご家族が本人の異常に気づいた時に、どこに相談すれば良いのか迷うことが多いようです。その時はまず、かかりつけ医の先生に相談してください。かかりつけ医の先生であれば、医師会の会員の先生が多いので、地域の認知症専門医を知っています。場合によっては、地域の医師会に問い合わせると、そのリストがあり、近くの専門の先生を紹介してくれます。

 

 

次に、地域包括支援センターに相談してみることです。地域包括支援センターは、認知症の医療や生活支援について相談できる場所です。認知症の人の対応に困ったら相談してみてください。包括支援センターの主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師のいずれかが地域の専門医の紹介や、困りごとの相談に応じてくれます。

 

 

最後に、認知症を扱う診療科は、精神科、神経内科、脳神経外科、総合内科等です。しかし、この標榜をしている全ての診療所や病院に専門医がいるわけではありません。看板だけを頼りに受診しても専門医でない場合があります。必ず、事前に調べてから受診しましょう。

 

 

認知症の闘いは長期戦です。本人も家族もその戦いに疲れないようするためには、自分たちだけで解決しようとせずに、地域のいろいろなサービスを有効に利用し、できるだけ楽な介護をすることです。認知症の人と真正面から向き合い、こころを込めて本音で対応する事が、「楽な介護」の第一歩かもしれません。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報