介護保険制度

介護保険制度

介護保険制度

介護保険制度

介護保険は40歳以上の人は必ず加入し、介護が必要になった時に公的資金を使って介護サービスを利用できる制度です。

 

 

身体能力的に介護が必要だと判断され、介護認定を受けたされた方は、公的な資金援助を受けて介護サービスを利用できるようになります。

 

 

介護認定は、身体的な障害の程度によって自律、要支援1〜2、要介護1〜5と7段階にランク付けされます。認定されたランクによって、利用できるサービスの種類や支給限度額が異なる仕組みです。

 

 

介護保険申請とサービスまでの流れ

介護保険は65歳になった時点で自動的に利用できるわけではありません。介護サービスを利用したい時はまず、市町村に申請します。 申請後、訪問調査、調査内容審査を経て、介護度の認定が決定します。

 

 

●申請とサービス開始の流れ

市町村の介護保険の窓口に申請書を提出

市町村の職員や委託を受けたケアマネジャーが家庭に訪問調査し、かかりつけの医師に意見書を書いてもらいます。

コンピュータで1次判定

専門家による認定審査会で2次判定

介護度の認定(要支援、要介護1〜5)

居宅介護支援事業者に依頼し、ケアマネジャーと相談して介護プランを立てる

介護サービス事業者との契約、サービスの利用を開始

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報