認知症は遺伝する?

認知症は遺伝する?

認知症は遺伝するのか?

認知症,遺伝する

親から子へと家族性にアルツハイマー型認知症を引き継ぐような強力な遺伝子変異は影響力が大きく、若年性認知症(例えば、50歳代で発症)となる場合が多いです。このような、確実に病気を引き起こす強力な遺伝子変異には、予防効果が期待できません。

 

 

一方、アルツハイマー型認知症になりやすくなる遺伝子型があるのですが(日本人の約2割弱がこの遺伝子型を持っています)、この影響力はあまり強くないので、70歳以降に発症するアルツハイマー型認知症に影響します。

 

 

発症を5年早める程度の影響で、この型を持っていても発症するとはかぎりません。また、予防して発症を遅らせることも可能です。

 

 

いずれにしても、遺伝子は受精した時に決まるので、後からはどうにも変えられません。親が90歳で認知症になったので、自分も遺伝で認知症になるのではと心配されている人もいますが、90歳なら半数以上の人が認知症です。心配はご無用です。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報