レビー小体型認知症

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症とは?

レビー小体型認知症,レビー小体病,原因

レビー小体病(Dementia with Lewy bodies)は、認知症疾患の中でも比較的かかる可能性が高く、国際的にも注目されています。そしてこの病気はもの忘れの症状も出るために一見、アルツハイマー型認知症に似ていて間違われることもあります。また人によっては、体の動きがゆっくりとなるパーキンソン病に似た症状が出る場合もあり、歩きにくくなることがあり、転倒しやすくなることもあります。

 

 

このような背景から、レビー小体はかつてはパーキンソン病の特徴的なものと見なされていました。しかし、最近はパーキンソン病の症状がない患者にも見られることがわかってきました。

 

 

専門的な話では、パーキンソン病患者の場合は、中脳のドーパミン神経が変性脱落しますが、この部分を顕微鏡で丹念に調べると、神経細胞の中に特殊な変化である構造物(封入体)が見えます。この構造物を発見者の名前をとって「レビー小体」と呼んでいます。

 

 

特徴は、早い段階で診断を確定することができれば、治療効果が期待できる病気であることです。

 

 

レビー小体病は主に、脳の大脳皮質の多数の神経細胞内に「レビー小体」という特殊な変化が、大脳皮質全体に現れることで発症するもので、レビー小体型認知症、びまん性レビー小体病とも呼ばれています。

 

 

レビー小体型認知症の原因

レビー小体病は大脳皮質全般に「レビー小体」という特殊なタンパク質の固まりが出現することが原因で、これは加齢による脳の変性によるものと考えられています。脳には側頭葉と後頭葉の委縮が見られます。記憶中枢のある側頭葉と情報処理をする後頭葉が萎縮するために、生々しい幻視が出現します。

 

 

治療としてはアルツハイマー病治療でも使用する薬物や、パーキンソン症状が出ている時はパーキンソン治療薬も投与されます。幻視が多発するため、患者本人は非常に不安感が強いので、一人にしない、幻視を否定しないなどの対応が必要です。

 

 

レビー小体型認知症の症状

主な症状は、変動の激しい認知機能障害、ありありとした幻視やパーキンソン症状を伴うことなどが特徴です。

 

 

認知症で発症する人もあれば、パーキンソン症状や幻視で発症することもあり、1つか2つの症状だけがしばらく続くこともあります。主たる症状に先行して、レム睡眠行動障害が見られることが多いという報告があります。

 

 

レム睡眠行動障害とは、「レム睡眠」の時期に夢をみて大きい声を出したり、身体をバタバタ動かしたりすることです。その他、必ず見られるわけではありませんが、よく認められる症状としては、抑うつ症状や失神などが挙げられます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報