認知症の治療

認知症の治療

認知症の治療

認知症の治療,アルツハイマー型認知症,薬

現時点での認知症の治療において、残念ながら根本的治療薬はありません。症状の進行を和らげるアルツハイマー型認知症の治療薬を使いながら、慢性疾患としての認知症とともに生活していくことを考えるということになります。

 

いわゆるBPSDの対策には、対症的に漢方薬や向精神薬といわれる、睡眠薬や抗不安薬、抗精神病薬などを使用することがあります。

 

これらの薬の使用に際しては、薬の効果に個人差が大きいことを理解し、服薬による症状の変化を観察して医師へ伝えて、さらに調整していくことが大切です。

 

BPSDにそのような薬は使いたくないという声も聞こえてきますが、必要なものを必要な時期に適切に使用することは、認知症の人のADLを高めるために大切です。服用する際には、どのような副作用が考えられるのか、もし副作用が出た時はどうするかを、事前に医師と相談しておくとよいでしょう。

 

 

また、薬物を使わない非薬物治療(回想法、音楽療法など)が精神的な安定を図ったり、ADL改善に役立つことも少なくありません。これらの治療を併用することも大切です。

 

 

認知症の人の症状、特にBPSDは、介護する側の対応の仕方や環境による影響も大きく、介護側の混乱は「合わせ鏡」のように本人の混乱となります。本人の治療だけでなく、家族をいかに支援していくかも、治療上非常に重要なことです。薬物療法、非薬物療法、介護、環境の力を合わせてこそ、認知症の人の生活はより安定したものになります。

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報