認知症の薬

認知症の薬

認知症の薬

認知症の薬,ドネペジル,ガランタミン,リバスチグミン,メマンチン

 

現在、日本で使用可能な認知症の薬はドネペジル、ガランタミン、リバスチグミン、メマンチンの4剤です。これらの薬剤はいずれもアルツハイマー病の治療薬で、一時的に認知機能の改善や進行緩和が確認されています。このような治療効果は、病気の早い時期における期待が大きいことから、できるだけ早く診断して治療を開始することが望ましいと考えられます。

 

以下、4つの薬剤を見ていきましょう。

 

ドネペジル

最も古くから私用されているもので、錠剤、口腔内崩壊錠(OD錠)、細粒、ドライシロップ、ゼリーと、薬剤の剤形が豊富に揃えられています。アルツハイマー型認知症であれば、初期から高度まで使用可能です。1日1回の服用で、3rで2週間程度様子を見た後、5rを服用します。高度アルツハイマー型認知症では10rまで使用可能です。

 

服用によって「元気が出た」と表現されることが多いように、賦活効果が比較的強いので、抑うつ、アパシーなどが目立つ人に選ばれることが少なくありません。副作用としては、嘔気、食欲不振、下痢などの消化器症状、イライラ感、徐脈などがみられることがあります。

 

ガランタミン

軽中度のアルツハイマー型認知症に使用され、錠型としては、錠剤、口腔内崩壊錠(OD錠)、液体があります。1日2回服用が必要で、8r/日で1カ月様子を見た後、16r/日を1カ月、24r/日まで増量できます。副作用はドネペジルとほぼ同じですが、イライラ感の出現が若干少ないかもしれません。今のところ、3剤の中では最も長い期間の有効性の報告があります。

 

リバスチグミン

日本で発売されているのは貼付剤で、1日1回、1枚を貼り換えます。貼り薬のため、血液中の薬の濃度が急に上がらず穏やかに作用する、消化器系の副作用が出にくいという利点がある一方、かぶれやかゆみ、紅斑などの皮膚刺激症状が出ることがります。「貼り換えを介護者が貼る」ということで、服薬管理が容易にできたり、家族や介護者とのスキンシップを通じて非薬物療法的な効果があるという意見があります。

 

メマンチン

NMDA受容体は、グルタミン酸の受容体で、大脳皮質や海馬に多く存在すると考えられています。アルツハイマー型認知症の認知機能障害に、このNMDA受容体の障害が関係しているといわれており、メマンチンはこの受容体に作用します。

 

日本では中度〜高度のアルツハイマー型認知症に使用されていて、5r/日を1週間服用し、10r/日、15r/日、20r/日と1週間ごとに増量します。腎障害のある人の場合は少なめに使います。服用は1日1回ですが、副作用として眠気やふらつきが出ることがあるため、たいてい夕食後1回の服用が多いです。服用後しばらくして、便秘が悪化する場合があるので、便秘をしがちな人の場合は注意が必要です。

 

認知症治療薬開発の現状

認知症治療薬について、もっとも研究が進んでいるのがアルツハイマー型認知症です。アルツハイマー型認知症の発症がどのように脳の中で起こるのか、その原因として考えられるアミロイド仮説をもとに、今日まで世界中で非常に多くの薬剤の開発が試みられてきました。

 

 

特にアミロイドワクチンという薬剤に期待が高まり、実際に治験(発売前の試験)が実施されて脳にたまったアミロイドが消失することが証明されましたが、残念なことに認知症は治らなかったという結果が出てしまいました。

 

 

現在アミロイドワクチンの研究も踏まえて、さらに研究が進められていますが、すぐに発売される目途が立っているアルツハイマー型認知症の根本的治療薬はないというのが現状です。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報