認知症予防 生活習慣

生活習慣編

生活習慣を見直して認知症予防

認知症の発症の原因疾患の約8割が「アルツハイマー病」と「脳血管障害」といわれています。「アルツハイマー病」を発症・悪化させる要因として、高血圧、糖尿病、喫煙、運動不足などの生活習慣が関係していることが分かってきました。「脳血管障害」は、基礎疾患として高血圧、糖尿病、脂質異常、心疾患などの生活習慣病が存在します。発症の危険因子として、過度の飲酒や喫煙などがあります。

 

生活習慣を見直し、生活習慣病を予防するとともに、脳を活発に使う生活を心がけることが、認知症予防につながります。若い世代からの取り組みが、あなたの脳を守ります。

生活習慣編記事一覧

ぬるま湯半身浴!

大量のエネルギーを消費する脳に酸素と栄養を届ける血液。わずか数秒の血行不良で脳は正常に働かなくなり、数分以上血液が供給されなくなると神経細胞に損害が起こります。そんな脳の健康を保つには「血行をスムーズに保つこと」が何よりも大切。いくら脳によい栄養を摂ったところで、血液の循環が悪いと脳まで届けることが...

≫続きを読む

 

認知症お助け隊!HSP(ヒートショックプロテイン)!

血行をスムーズにして認知症を防ぐのだけがお風呂の役目ではありません。実はお風呂で体を温めることで「HSP(ヒートショックプロテイン)」というタンパク質を増加させることができます。そもそもアルツハイマー型認知症は「アミロイドβ」という異常な形をしたタンパク質が蓄積することで発症します。HSPはそれらの...

≫続きを読む

 

腸は第二の脳

「大事な試験の前に緊張して、急にお腹が・・・」「心配事や嫌なことがあり、ストレス。いつからか便秘になってしまった。」こんな経験ありませんか?意識している、していないに関わらず、脳がストレスを感じると、腸にその影響があらわれます。「脳から腸へ」と情報が伝わることは、昔からよく知られています。しかし、近...

≫続きを読む

 

カロリーオーバー

過剰なカロリー摂取は体に良くありません。肥満の原因にもなりますし、さらに、脳にも良くありません。「食べ過ぎ」が認知症を促進させてしまうのです。これは食べ過ぎ、カロリーの過剰摂取によって、脳の萎縮が確認されているためです。マウスやサルの実験で、カロリー制限を設けた動物は、年をとっても脳の萎縮が極端に少...

≫続きを読む

 

糖尿病

糖尿病と診断されるほどではなくても、血糖値が高めの高齢者は、認知症になりやすいそうです。血糖値が高めの高齢者は、7年以内に認知症になるリスクが最大で18%上昇するという報告が出ています。原因として、高血糖が脳のエネルギー代謝を悪化させるようです。糖尿病は、血糖値を適正にコントロールしないでいると、目...

≫続きを読む

 

糖分

糖分は人間にとって必要なものです。ですが、過剰な糖分摂取は認知症につながります。砂糖が多く含まれている「甘いもの」は食べ過ぎると「内臓脂肪」が体内に蓄積していってしまいます。必要以上の内臓脂肪は、私たちの健康の害となる悪い脂肪になります。糖分は脳や体を動かすためのエネルギーとなりますが、このエネルギ...

≫続きを読む

 

年をとると肉を避け、魚や野菜中心のあっさりしたものを好む傾向があるようです。「肉はコレステロールが高いのに対し、魚は逆に低く、中性脂肪を下げる」との思いがあるからでしょうか?しかし、最近はテレビで高齢者の元気な秘訣のひとつに「肉を食べる」ことを紹介しています。実際に厚生労働省も2013年に健康づくり...

≫続きを読む

 

脂質はもともと体に必要な栄養素です。問題は摂り方のバランス。昨今の油ブームは凄い盛り上がりです。しかし、「売っている油の種類が増えた気がする・・・」「健康な油とそうでない油ってあるの?」と、漠然と何かを感じてはいるけれど、実際には良く分からないと言う人が多いかもしれません。まず、できるだけ避けたい油...

≫続きを読む

 

高血圧

認知症の中でも脳の血管障害、脳梗塞や脳出血によって起こる脳血管性認知症の危険性がとりわけ大きく高まります。これは高血圧が動脈硬化の危険因子であると同時に、脳梗塞をはじめとした脳の血管障害の危険因子であることに起因すると考えられるからです。また、仕組みはまだ完全に分かっていませんが、認知症の中で最も多...

≫続きを読む

 

睡眠

睡眠時間をちゃんと取ることは大事なことです。寝ないで活発に活動できる人はいません。睡眠は体力回復の効果がありますが、それだけではなく脳にも大きな影響があります。簡単にいうと、睡眠不足がアルツハイマー病の原因になります。寝ているとき、脳内でアルツハイマー病の元凶とされている「アミロイドβタンパク」が減...

≫続きを読む

 

タバコ

タバコが健康に良くないなのはご承知の通りだと思います。タバコは発がん性があり、がんを引き起こす危険因子です。心筋梗塞なども誘発しますし、妊婦の方がタバコを吸うと生まれてくる子供は成長が遅いなど、いろいろな悪影響が出るとされています。タバコと認知症の関係ですが、「喫煙者は非喫煙者よりも、アルツハイマー...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報