認知症予防 運動編

握力を鍛えて認知症予防!

握力を鍛えて認知症予防!

認知症予防,アルツハイマー病,筋力

 

筋力の低下が認知症のリスクを高めます。

 

 

身体の総合筋力が高い人たちは、筋力が弱っている人たちと比較して、アルツハイマー病になる確率が61%も低かったそうです。

 

 

筋力低下は衰弱しやすくなり、認知症の危険性が高くなります。

 

 

そして「どの部分の筋力が弱いとアルツハイマー病のリスクが高くなるか?」ということを調査した結果、「握力の低下」がアルツハイマー病発症を高める調査結果が出ました。

 

 

一年という短期間で握力が450グラム減った人は、五年かけてゆっくりと450グラム握力低下していった人と比較して、アルツハイマー病になる確率が9%高かったそうです。

 

 

これは無視できない傾向です。

 

 

ですが、なぜ握力低下が認知症につながってしまうのかは実はわかっていません。

 

 

人間は「舌」と「手」に「神経細胞」がたくさん集まっています。
高齢になっても、力強い手を維持し続けることで、神経細胞も活発になっているかもしれません。

 

 

精密な動きが可能な手をしっかりと使い込むことで、脳を活発にしてアルツハイマー病対策になる、と考えるのはけして理に反しているわけではないと思います。

 

 

人間は手でものに触れることで、「熱い」「冷たい」といった刺激に対して正確に知覚することができます。

 

 

手は刺激を受け取りやすい部分。その刺激は脳に送られて、脳が物事を判断します。

 

 

手は大事な体の一部です。なので、握力低下が認知症を引き寄せるなら、握力を鍛えていかなくてはいけません。

 

 

お風呂で簡単!認知症予防

認知症予防,アルツハイマー病,筋力

 

簡単で、手間がかからない方法は、お風呂の中で手をグー、パー、グー、パー、・・・と繰り返すという方法です。

 

 

お風呂の中の水圧を利用したトレーニングです。ただ空中で手を握って広げて・・・を繰り返すより抵抗力があるのでトレーニングになります。コツはなるべく素早く行うことです。そのほうが手の筋肉に負荷をかけられます。

 

 

最初は10〜20回を2セットほどやってもらい、慣れてきたら回数、セット数、を増やしてもらうのが良いです。

 

 

やってみるとなかなか手が疲れると思います。単純な方法ですが、それが良いポイントです。

 

 

あまりにも大変な方法では続けられません。
握力低下がアルツハイマー病につながる。それを意識しておいてもらえれば十分です。

 

 

 

⇒今、話題の認知症予防サプリメントを見てみる

 

 

 

 

関連ページ

散歩をして認知症予防!
認知症予防のための運動に、散歩をするのは効果があります。「散歩」は難しいことではありません。取り組みやすく、高齢の方でもすぐに始めることができます。散歩、ウォーキングというのは有酸素運動です。
認知症予防に階段を使いましょう!
人が思い通りに歩くためには、太ももの筋肉が丈夫であることが大事です。太ももの筋肉量が低下すると歩くことが辛いものになり、歩行スピードも遅くなります。転びやすくもなり、転倒してしまうと思わぬ怪我をしてしまうかもしれません。頭に衝撃を受ければ、脳内出血してしまう原因になってしまいます。その出血が「脳血管性認知症」にもつながってしまいます。
バランスボールを使って認知症予防
バランスボールを使った運動が認知症予防になります。バランスボールはもともと病気の方や、怪我をした方がリハビリテーションを行うために開発された医療用具です。室内で気軽に運動できて手間もかからず、便利な道具です。普段の生活ではなかなか使われない筋肉があります。しかしバランスボールを活用することで使用される機会が少ない筋肉を刺激することができます。
認知症予防のためのラジオ体操
認知症予防をするための運動に、体操をすることも目的を達成するために効果的です。普段の生活だけでは使われない筋肉を使ったり、普段は行う機会もない動き方で関節の動きを良くしたりと、身体のいたるところの筋肉を刺激する働きが体操で可能になります。運動による脳血流の増加で脳の働きが良くなり、もちろん転倒防止としての働きもあります。
よく噛んで食べましょう
認知症予防にはよく噛むことも大切です。良く噛むことで、体が正常に働き、脳も喜び、いいことばかりです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報