認知症予防 運動編

散歩をして認知症予防!

散歩をして認知症予防!

認知症予防,散歩

認知症予防のための運動に、散歩をすることは効果があります。「散歩」は難しいことではありません。取り組みやすく、高齢者の方でもすぐに始めることができます。散歩、ウォーキングをすると血液の流れが良くなり、脳を活性化することができる有酸素運動です。

 

 

散歩の仕方ですが、普通に歩くよりも少しだけ速めに歩くようにするのがコツです。そうすることで有酸素運動になります。週に3日以上。二日に一回ほどのペースで行えれば十分です。一回の散歩は30分以上を目安にしてください。

 

 

この、「週に3日以上で30分以上の散歩」という基準は、「実際に効果が出る」ことが世界中で調査された上で導き出された基準です。様々な病気への予防になることが調査結果で出ています。散歩と同時に、外へ出かけること自体、脳には良いことです。

 

 

毎日家の中に閉じこもっていては気分が滅入ってくるものです。同じ環境というのはまったく刺激がないので、脳が衰えてしまいます。

 

 

刺激がない環境では、うつ病の原因にもなりますし、物事に対する関心が無くなって活動力を失ってしまいます。やる気を失ってなにもしないようになると、認知症を発症するリスクが上がってしまいます。

 

 

散歩がストレス発散になり、うつ病対策にもなります。散歩が認知症の予防になり、同時に、様々な病気の予防も兼ね備えています。足腰の強化、骨の弱体化を予防することもできて、転倒などの怪我を避ける力も身につけられます。腕を大きく振って歩くことで、全身の筋肉を使用することにもなります。筋力をつけて、体力もつけることで、元気な人生を歩めます。

 

 

脳も体の一部です。運動することは血流が増え、脳の活性化になります。運動と脳は無関係ではありません。天気が良い日は散歩日和です。習慣化して取り組む行動は、確実に認知症の予防になります。何歳から始めても効果があるので、まずは、「散歩を楽しむ」ということを覚えてもらうのが大事です。楽しめることで継続して散歩を続けられます。

 

 

関連ページ

認知症予防に階段を使いましょう!
人が思い通りに歩くためには、太ももの筋肉が丈夫であることが大事です。太ももの筋肉量が低下すると歩くことが辛いものになり、歩行スピードも遅くなります。転びやすくもなり、転倒してしまうと思わぬ怪我をしてしまうかもしれません。頭に衝撃を受ければ、脳内出血してしまう原因になってしまいます。その出血が「脳血管性認知症」にもつながってしまいます。
バランスボールを使って認知症予防
バランスボールを使った運動が認知症予防になります。バランスボールはもともと病気の方や、怪我をした方がリハビリテーションを行うために開発された医療用具です。室内で気軽に運動できて手間もかからず、便利な道具です。普段の生活ではなかなか使われない筋肉があります。しかしバランスボールを活用することで使用される機会が少ない筋肉を刺激することができます。
認知症予防のためのラジオ体操
認知症予防をするための運動に、体操をすることも目的を達成するために効果的です。普段の生活だけでは使われない筋肉を使ったり、普段は行う機会もない動き方で関節の動きを良くしたりと、身体のいたるところの筋肉を刺激する働きが体操で可能になります。運動による脳血流の増加で脳の働きが良くなり、もちろん転倒防止としての働きもあります。
握力を鍛えて認知症予防!
筋力の低下が認知症のリスクを高めます。身体の総合筋力が高い人たちは、筋力が弱っている人たちと比較して、アルツハイマー病になる確率が61%も低かったそうです。筋力低下は衰弱しやすくなり、認知症の危険性が高くなります。そして「どの部分の筋力が弱いとアルツハイマー病のリスクが高くなるか?」ということを調査した結果、「握力の低下」がアルツハイマー病発症を高める調査結果が出ました。
よく噛んで食べましょう
認知症予防にはよく噛むことも大切です。良く噛むことで、体が正常に働き、脳も喜び、いいことばかりです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報