認知症予防 運動編

歌って認知症予防!

歌をうたって認知症予防!

認知症予防,歌

 

「歌をうたう」ということが認知症予防としての効果があります。音痴だから、音程が外れてしまう、人前で歌うのが苦手・・・と、いう方もいると思いますが、ポイントは「楽しんで歌う」ことです。

 

 

歌をうたうことはストレスを発散させることができ、精神状態を安定させることにつながります。

 

 

不安や悩みであっても、楽しんで歌をうたうことが、気持ちを切り替えるきっかけになります。それが不安定な精神状態から、安定した精神状態になるきっかけとなる場合もあります。精神が安定すると血圧も安定します。

 

 

そして、認知症予防にもつながっているのです。血圧の高い高齢者の方がカラオケをはじめてから血圧が安定した、ということが知られています。血圧が高いと認知症の危険までも高めてしまいます。

 

 

血圧が高いと動脈硬化を引き起こしたり、糖尿病も患ってしまう可能性があります。こういった要素は認知症になりやすくなってしまう要素です。

 

 

また、高血圧は血管を傷つけ出血を起こし、これが脳で起きてしまうと脳を圧迫してしまいます。そうなると、脳血管性認知症の可能性が高まってしまいます。

 

 

高血圧を改善することが認知症予防になります。その方法の一つが「歌をうたう」ことなのです。歌うことの認知症予防効果は高血圧改善だけではありません。

 

 

メロディーに合わせて歌詞を見ながら、歌をうたう。実はかなり脳を働かせています。あと、「この歌なつかしいな」という古い歌を聞いたり、歌ったりすることも脳にとって良いことです。それが、「回想法」です。

 

 

音楽は古い記憶を呼び起こす力があります。何年も前の歌が、その当時の記憶を蘇らせてくれるのです。その歌を聞いたとき自分はどこにいたのか、楽しい思い出や体験、そういった記憶が歌をきっかけに脳裏に浮かびます。

 

 

その過去のことを思い出す回想体験が、脳にとって良い刺激になる効果があるとされています。自然と昔のことを思い出す力が歌にはあります。これが脳のためになり、認知症予防になるのです。

 

 

歌うことでストレスを発散し、血圧を整え、記憶の想起を促して脳を刺激する。歌には凄いチカラがあります。楽しく歌って認知症を予防しましょう!

 

 

 

 

 

関連ページ

字を読んで認知症予防!
「字を読む」のは頭を使う知的活動です。知的な作業をすることで脳を鍛えられて認知機能低下を防ぐことができます。新聞や本、雑誌など、毎日読書のための時間を作り、字を読むことを習慣化すると認知症予防になります。新聞、本などから常に新しい情報を取り込むのは、あらゆる関心事を持ち続けれることになります。
認知症予防には文字を書く!
「文章を書く」というのは、知的活動になります。正しい漢字を書こうと形を思い出したり、調べたり。読んでくれている人のことを思い浮かべながら書いたり。文章を書いている間は常に頭を使っています。頭を使うことで脳を刺激できますので、認知機能の維持、向上を図れます。そして、「手を動かす」事自体が脳に良いのです。
パズルで認知症予防
「パズル」は非常に頭を使います。遊びながらも、とても「頭が疲れます」。この「頭が疲れる」というのが大事なことです。疲れるのは脳細胞を活発に働かせている証です。実際に脳を使っている、ということを自分自身で確認できる状態なのです。楽しみながらの認知症予防をする。「楽しい」と感じるものは習慣化しやすく、やりがいというものは人生に彩りを与えてくれます。
箸を使ったトレーニング
人間の手には多くの神経細胞が集まっています。神経細胞がたくさん集まっているため、手をよく動かすことが脳への刺激にもなるのです。複雑な作業であればより効果的になります。指を動かす作業が認知症予防になるのです。そこで、簡単に行える認知症予防のトレーニングをお伝えします。
カレンダーで認知症予防!
認知症の進行を押さえるために「日にち」の認識を意識しましょう。社会で活動している人は、いろいろな道具を使って自分の予定をコントロールしています。それが手帳であったり、パソコンだったり、携帯電話にも最近は予定表の機能がついているようですが、これらを利用して日々の行動を決めています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報