認知症予防 運動編

字を読んで認知症予防!

字を読んで認知症を予防しましょう!

認知症予防,運動,新聞,雑誌

 

「字を読む」ことは頭を使う知的活動です。知的な作業をすることで脳を鍛え認知機能の低下を防ぐことができます。

 

 

新聞や本、雑誌など、毎日読書のための時間をつくり、字を読むことを習慣化すると認知症予防になります。新聞、本などから常に新しい情報を取り込むのは、あらゆる関心事を持ち続けれることにもつながります。

 

 

認知症の初期で「あらゆる物事に関心が無くなる」という症状が現れるようになります。関心を持たない、関心が無くなる、というのは「なにも考えない」のと同じです。

 

 

なにも考えない毎日を過ごしていると、脳は衰退する一方です。特に男性では退職すると、途端に頭を使うことがなくなる人がいます。

 

・仕事だけが関心事。
・仕事のことだけしか考えていない。

 

仕事をしていれば、ほどよい緊張感を持って毎日を過ごすことができます。しかし、退職することでやることがなくなり(何をやれば良いのかが分からなくなり)社会への関心が一気になくなる人が多いです。それが原因で認知症になる人もいます。

 

 

ただ、ぼーっと毎日を過ごしてしまい、脳の機能を錆びつかせてしまう。それだけは避けなくてはいけません。常になにかしらへの関心を持ち続けて、「考えない」という習慣を無くさなくてはいけません。

 

 

そのためには新聞をじっくりと読む。読むだけでなく今、社会で起きている事ついて考えてみる。または、趣味に関する雑誌を読み情報を取り込む。

 

 

人間は好きなことであれば、真剣に、楽しく、考えを巡らします。

 

 

文字を読むことがなぜ良いかというと、その文字の意味を理解しようと考えるようになります。考えて、記憶していきます。そして、新しく覚えた記憶は脳の中で保存されます。脳内である変化が起きているために、記憶することができるのです。

 

 

この変化を「脳の可塑性」といいます。変化しているのは「神経回路のつながり方」です。神経回路に変化が起きることで、記憶して保存できるのです。考えることで新しい神経回路が作られ、つながり、変化しています。それが記憶として残ります。

 

 

脳は、いくつになっても使い続けることで新しい神経回路を形成すると言われています。読書をすることで脳が活性化しているのです。「脳の可塑性」は何歳になっても可能です。考え続けることで、神経回路が作られて脳は鍛えられていきます。

 

 

脳が鍛えれば認知症の予防になります。「字を読む」という知的活動を生涯やり続けることができれば、正常な認知機能を保ち、認知症にならずに毎日を楽しく過ごすことができます。

 

 

関連ページ

認知症予防には文字を書く!
「文章を書く」というのは、知的活動になります。正しい漢字を書こうと形を思い出したり、調べたり。読んでくれている人のことを思い浮かべながら書いたり。文章を書いている間は常に頭を使っています。頭を使うことで脳を刺激できますので、認知機能の維持、向上を図れます。そして、「手を動かす」事自体が脳に良いのです。
パズルで認知症予防
「パズル」は非常に頭を使います。遊びながらも、とても「頭が疲れます」。この「頭が疲れる」というのが大事なことです。疲れるのは脳細胞を活発に働かせている証です。実際に脳を使っている、ということを自分自身で確認できる状態なのです。楽しみながらの認知症予防をする。「楽しい」と感じるものは習慣化しやすく、やりがいというものは人生に彩りを与えてくれます。
歌って認知症予防!
歌を歌う、ということが認知症予防としての効果がある方法になります。何を歌えばよいのか、どこで歌えばよいのか、ルールはありません。「楽しんで歌う」ということがポイントです。歌を歌うことはストレスを発散させることができ、精神状態を安定させることにつながります。
箸を使ったトレーニング
人間の手には多くの神経細胞が集まっています。神経細胞がたくさん集まっているため、手をよく動かすことが脳への刺激にもなるのです。複雑な作業であればより効果的になります。指を動かす作業が認知症予防になるのです。そこで、簡単に行える認知症予防のトレーニングをお伝えします。
カレンダーで認知症予防!
認知症の進行を押さえるために「日にち」の認識を意識しましょう。社会で活動している人は、いろいろな道具を使って自分の予定をコントロールしています。それが手帳であったり、パソコンだったり、携帯電話にも最近は予定表の機能がついているようですが、これらを利用して日々の行動を決めています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報