認知症になりやすい職種

認知症になりやすい職種

認知症になりやすい職種

認知症になりやすい,職種

認知症になりやすい職業の他に「職種」という観点からも、傾向があるといいます。認知症になった人の中で、元の職種が、経理、庶務、総務、文書、人事など事務系の職は、営業職に比べて認知症の割合が多いそうです。

 

 

これは、公務員に多いのと同じように、「間違いを起こさないこと」「大失態をしないようにする」などが大切で、変化や刺激に乏しい性質の業務であるのが理由のようです。

 

 

 

事務系のサラリーマンは、仕事の性質上利益を「守る側」と言えるのに対して、営業職は「攻める側」と言えると思います。この2者では当然、プレッシャーも、受ける刺激も異なり、将来認知症予備軍になるかどうかも違ってくるでしょう。

 

 

すくなくとも営業職は、常に前向きでなければなりません。また営業マンは、事務系の仕事を続けてきた人よりも、定年後も仕事が見つかりやすい傾向にあるのではないでしょうか。場合によっては経験をしかして、起業すことだって考えられます。

 

 

そうなってくれば常に売れるにはどうしたらよいか、どこへいけばよいか、お客様のために何ができるか、等を考え続けます。脳も活性化して、認知症になっているヒマもありませんね。

 

 

諸種でいえば、広報マン、宣伝マンは、そのクリエイティブな心を維持していけるとすれば、認知症になる可能性は低いようです。

 

 

関連ページ

公務員
一番多い元の職業が「公務員」だそうです。もっといえば、都庁、県庁職員、市役所、区役所、保険所、郵便局、あるいは外務省、農水省などに勤めていた人が、ことごとく退職後に認知症になるケースが多いとのこと。
学校の先生
学校の先生が認知症なりやすいって本当!?認知症になりやすい職業ってあるのでしょうか?実はあるようです。定年後に役割がなくなってしまう職業の人は統計的に認知症になりやすいようです。
サラリーマン
サラリーマンが認知症なりやすいって本当!?認知症になりやすい職業ってあるの?実はあるようです。定年後に役割がなくなってしまう職業の人は統計的に認知症になりやすいようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報