認知症になりやすい職業

認知症になりやすい職業

認知症になりやすい職業

認知症になりやすい職業はあるのでしょうか?巷では学校の先生や公務員が認知症になりやすいと言われていますが、その原因は?
認知症を発症するには本人の性格や環境も左右します。でも、認知症になりやすい職業があると・・・チョット仕事選びを考えてしまうのでは!?

 

認知症になりやすい職業記事一覧

公務員

認知症になりやすい職業で一番多い元の職業は「公務員」だそうです。もっといえば、都庁、県庁職員、市役所、区役所、保険所、郵便局、あるいは外務省、農水省などに勤めていた人が、ことごとく退職後に認知症になるケースが多いとのことです。なぜ、公務員が認知症になりやすいのでしょうか?推察する理由として、「意欲が...

≫続きを読む

 

学校の先生

学校の先生も、退職後に認知症になるケースが多いといいます。特に地理、歴史、国文学、古文、英文法などの科目の先生が多いようです。同じ内容の変化の教科を、長年にわたって生徒に教えてきたのです。どのクラスでも、毎年毎年、同じ内容を同じペースで話し続けるのです。それ以外の決められたカリキュラム以外の余計なこ...

≫続きを読む

 

サラリーマン

公務員の話は、まじめで、上司の言いつけをしっかり守って、そつなく定年まで勤め上げたサラリーマンにも言えることです。どちらかというと恵まれた職場環境で、リストラや合併などの目に合わない、安定した仕事人生を送ってきた人が、退職後の認知症の可能性が高まるようです。定年後に家庭内で「粗大ごみ」扱いされている...

≫続きを読む

 

認知症になりやすい職種

認知症になりやすい職業の他に「職種」という観点からも、傾向があるといいます。認知症になった人の中で、元の職種が、経理、庶務、総務、文書、人事など事務系の職は、営業職に比べて認知症の割合が多いそうです。これは、公務員に多いのと同じように、「間違いを起こさないこと」「大失態をしないようにする」などが大切...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報