スケベ心を持たない人

スケベ心を持たない人

スケベ心を持たない人

認知症,予防,スケベ,高齢者

スケベ心エッチな気持ち)を持っていることは、認知症防止にとっては大事なことのようです。恋心もしかりでしょう。

 

 

高齢者であっても、人は生涯魅力的な異性を求めることも大切です。異性に恋心を持つことで、少しでも自分をよく見せようと身なりに気を配ったり、おしゃれをしたり、若くあろうと何かのトレーニングを始めたり、精力剤を飲んだり、異性の誘い文句を考えるために知恵を振り絞って頭を使うでしょう。・・・。色気づくことで、とにかく脳以外にも心身の様々な部分が活性化します。

 

 

そしてエッチなことを想像することは、老け込んでいくのとは反対のことです。おそらく人間にとってスケベ心は生涯にわたるエネルギー源であり、心身ともにいつまでも若くあろうとする動機となります。(人間の三大欲の一つですからね)

 

 

逆に「そんな態度は不潔でけしからん」などと真面目を装っている人、スケベ心を持たない(ふりをしている)人は、考えも感情も硬直してしまい、柔軟性も活気も失い、やがて認知症への道に近づいていく可能性が高いといいます。

 

 

関連ページ

偏りのある性格
偏りのある性格の人は、とかく脳の使い方のバランスが悪くなりがちで、そのまま長年過ごすと脳が萎縮し、うまく働かない状態、つまり認知症にりやすくなるのです。使っていないところは衰えてネットワークも弱くなってくるので、当然そうなります。
几帳面な性格
認知症になりやすい人はどのような性格でしょうか?「几帳面過ぎる」や「生真面目過ぎる」性格も、さらに踏み込んで見たときに「いい加減さを受け付けない」「融通が利かない」となってしまうと、これも認知症に症になりやすい要因になるようです。
頑固で笑わない人
認知症の人の多くは、涙を流すこともほとんどなく、声を出して笑うこともないといいます。認知症になるかどうかは、その人が豊かな感情を持っているかどうかにもかかっているのではないでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報