偏りのある性格

偏りのある性格

偏りのある性格

脳の使い方は人それぞれ性格によって違い、几帳面な人は几帳面な脳の使い方をして、おおらかな人は余裕のある脳の使い方をしています。

 

 

偏りのある性格の人は、とかく脳の使い方のバランスが悪くなりがちで、そのまま長年過ごすと脳が萎縮し、うまく働かない状態、つまり認知症にりやすくなるのです。使っていないところは衰えてネットワークも弱くなってくるので、当然ですね。

 

 

逆におおらかな性格の人は、ある程度楽天的で前向きであり、楽しく脳を使うため、脳の様々な側面を使うことにもつながり、脳を鍛えていけるので、認知症になりにくいのです。

 

 

 

関連ページ

几帳面な性格
認知症になりやすい人はどのような性格でしょうか?「几帳面過ぎる」や「生真面目過ぎる」性格も、さらに踏み込んで見たときに「いい加減さを受け付けない」「融通が利かない」となってしまうと、これも認知症に症になりやすい要因になるようです。
頑固で笑わない人
認知症の人の多くは、涙を流すこともほとんどなく、声を出して笑うこともないといいます。認知症になるかどうかは、その人が豊かな感情を持っているかどうかにもかかっているのではないでしょうか?
スケベ心を持たない人
スケベな人は認知症になりにくい?高齢者も恋愛をすることにより脳が活性化し認知症になりにくいと言われています。相手に良く見られたいとオシャレに気を使ったりすることは認知症予防にも最適なことです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報