認知症になりやすい性格

認知症になりやすい性格

認知症になりやすい性格

医学的観点から見ると「性格とは、人の脳の使い方のことである」ともいえるようです。

 

 

つまり、どんな性格かというのは、イコール、「どのように脳を使っているか」、と言い換えられます。それによって、認知症になりやすい人となりにくい人が分かれる、ということもいえるようです。

認知症になりやすい性格記事一覧

偏りのある性格

脳の使い方は人それぞれ性格によって違い、几帳面な人は几帳面な脳の使い方をして、おおらかな人は余裕のある脳の使い方をしています。偏りのある性格の人は、とかく脳の使い方のバランスが悪くなりがちで、そのまま長年過ごすと脳が萎縮し、うまく働かない状態、つまり認知症にりやすくなるのです。使っていないところは衰...

≫続きを読む

 

几帳面な性格

「几帳面過ぎる」や「生真面目過ぎる」性格も、さらに踏み込んで見たときに「いい加減さを受け付けない」「融通が利かない」となってしまうと、これも認知症に症になりやすい要因になるようです。「几帳面過ぎる」を見てみると例えば、自分の職場では納得がいくまで「几帳面」を通した場合でも、仕事以外の場面、例えば家庭...

≫続きを読む

 

頑固で笑わない人

認知症の人の多くは、涙を流すこともほとんどなく、声を出して笑うこともないといいます。認知症になるかどうかは、その人が豊かな感情を持っているかどうかにもかかっているのではないでしょうか?実際に、心から笑い、冗談が好きで他人をも笑わせる人と、几帳面でガンコで笑わない人を比べれば、どちらが脳を活発に使って...

≫続きを読む

 

スケベ心を持たない人

スケベ心(エッチな気持ち)を持っていることは、認知症防止にとっては大事なことのようです。恋心もしかりでしょう。高齢者であっても、人は生涯魅力的な異性を求めることも大切です。異性に恋心を持つことで、少しでも自分をよく見せようと身なりに気を配ったり、おしゃれをしたり、若くあろうと何かのトレーニングを始め...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
予防サプリメント一覧 認知症の基礎知識 認知症の種類 認知症予防 お役立ち情報